日本で一番小さい鳥キクイタダキ

キクイタダキを見たのは鳥見の始めいわき市の石森山の斜面の針葉樹に群れが来ていた時である。急な斜面で樹の天辺が目線であり頭頂の黄色もよく見えた。3メートルの近さであった。
それ以後はたいていは樹の上で見上げる高さでちらちら見えるだけであった。
01.07.14奥庭
あるオフ会で富士山五合目の奥庭へ行った。ここは普段は会いにくい鳥に会えるところです。
鳥にとって水場が重要である。それを利用したり、また自然に出来た水場をバーダーが見つけ
そこが鳥の名所担っている。その一つである。
しかし暗すぎまた日が当たりすぎ明暗が有りすぎて写真はすごく難しかった。
といっても帰ってから気付いたことで以後の注意点である。
e0065438_8441033.jpg

by momokibitu | 2006-05-01 08:47 |      キクイタダキ1
<< セッカ マミハウチワドリ >>