ハイイロチュウヒか大陸型チュウヒか

人気blogランキングへ ← ブログランキングに参加しています。クリックしてね

前回のハイイロチュウヒ♀の写真のカラスに追われていたのが大陸型チュウヒではないのかと
指摘された。自分では分からない。そこへある人からXさんに聞いたらと示唆され確認を依頼した。
前出の写真の再掲です。
e0065438_12525678.jpg

次いで依頼した別の写真
e0065438_125526100.jpg

e0065438_1255499.jpg

3枚とも思いっきり遠い写真のトリミングしたものです。
2.3枚目の写真は1枚目のものと同一個体と思っていたら10分後の別個体でした。
Xさんのご意見を書き違えると失礼ですのでそのまま掲載します。Xさん、失礼。

「送って頂いた2枚の写真からは完全に比較できませんが、webに掲載されている
個体とは別個体のようです。初列風切の模様の出方が異なっています。
 送って頂いた個体は、チュウヒの大陸型と思います。はっきりとは分かりません
が、嘴が大きく感じますので雌かもしれません(体は細身に感じますので雄の可能
性もありますが)。虹彩は明瞭に黄色いですので成鳥です。
 
 web掲載個体は、顔の模様がハイイロチュウヒにそっくりです。ただ、尾羽が青灰
色で、このようなハイイロチュウヒ雌あるいは雄がいるか記憶にありません。チュウ
ヒでもハイイロチュウヒに似た顔のパターンの個体もいますので、顔から判断する
のは早計かと思いますが・・・。風切の横帯が明瞭な個体は、ハイイロチュウヒで多
く、チュウヒでは横帯があっても不明瞭なことが多いです。」

ということで弱識者の私には識別できずつくづくタカもカモメもシギチも小鳥も弱いと
今更ながら嘆いているこの頃です。ご参考までです。
by momokibitu | 2007-11-20 13:09 |      ハイイロチュウヒ7
<< 鈴鴨(スズガモ) 琵鷺(ヘラサギ)飛翔 >>