カテゴリ:ハト科カラスバト( 2 )

カラスバト

三宅島へ三人で急遽出かけました。予報では二泊三日で全部晴れでした。
出かけた日は最後は曇り後雨に変わりました。
ところがなんと台風がきて船も飛行機も欠航。四日目飛行機はは満席でキャンセル待ちになり
船は欠航で私だけがキャンセル待ちに乗せてもらいました。お二人様ありがとうございました。
民宿の料理は魚が主体で腹一杯の大ご馳走でした。
ところで肝心の鳥は見るだけは三宅で見られる鳥は全部見られましたが手持ちズームレンズでしたので暗い、手ぶれとかでほとんどだめだめでした。

台風のおかげで三日目の午後、四日目の早朝行くところないやとたまたま入り込んだところで
カラスバトに出会いました。
夕方でした。遠くにつがいが見えました。白っぽかったのでカラスバトではないと思いましたが
カラスバトですよね。
e0065438_19132314.jpg

ちょっと近づいたら飛んでしまいました。がっかりしてましたら別のだと思う一羽が近くの電線に
止まりました。後ろ姿ですが。
e0065438_19161457.jpg

翌朝同じところへ出かけました。夕方でると聞いていたのですがしばらくしたらまた昨日のところへ二羽飛んできました。一羽は葉の中で見えなかったが一羽は見えました。
e0065438_1927454.jpg

下の枝から上の枝へ飛び移りました。
e0065438_19251428.jpg

by momokibitu | 2008-06-05 19:25 | ハト科カラスバト

カラスバト

カラスバトは爆発寸前の三宅島でさんざん探したが声だけでした。
三宅高校裏の奥まで入った。ここは蒲屋さんという鳥の声の録音で有名な方が録音に入り集音器に鳥がとまったというほど鳥が濃いところである。
とにかく難の鳥か分からぬがシャワーのように鳥の声が降ってきた。
薄暗いところにいてアオバト、カラスバトの声を聞いた。オ^アオーアー、ウーッウーッと声を聞いていると感動的というより薄気味悪くなった。
姿は奄美大島で遠く、飛島で声だけでした。
04.10.13舳倉島
舳倉へ前年始めて春に行った。秋も行こうと行った。鳥は少なかった。
橘さんという方と金沢支部の幹部の方が来ておられ毎年暑中来ているとのことでしたがこんなに少ないのは初めてだと宿をキャンセルして帰られた。Oさんという識別の大家が近くでムシクイを狙っていた。よく動くメボソを諦め移動したら目の前の樹の上に何か大きいものがきた。
それがカラスバトでした。近すぎてレンズからはみ出しバックして撮った。
e0065438_10114598.jpg

by momokibitu | 2006-03-14 10:14 | ハト科カラスバト